マルキョウアネットについて

会社概要

商号 マルキョウアネット株式会社
設立 平成8年9月2日
資本金 10,000,000円
代表者 工藤 戡吉
役員
代表取締役社長
取締役
取締役
取締役
監査役
 工藤戡吉
 高林力夫
 栗原敬志
 須藤毅
 宮本勇造
従業員数 23人
取引銀行
三井住友銀行
飯田橋支店
事業内容 1.一般青果物の仲介業
2.農業用資材の売買
3.輸入野菜の売買
4.食料品製造業
売上実績平成24年度/1,709百万円 
平成25年度/1,589百万円 
平成26年度/1,689百万円
本店所在地 東京都千代田区二番町11番地10 麹町山王ビル101
TEL/03-3264-1239  FAX/03-3239-2504
支店所在地 群馬県館林市赤生田2205番地3号
TEL/0276-74-0315  FAX/0276-73-1408
熊本青果センター熊本県熊本市南区奥古閑町1767-8
TEL/096-228-2258  FAX/096-228-2257
工場福島県いわき市平中平窪字向川原39番6号
TEL/0246-35-5737  FAX/0246-35-5776

事業沿革

平成7年5月 母体である丸協産業(株)の第2営業部内にフレスコム事業部を設置し、特定青果品の流通業務を開始。
平成8年7月 熊本八代郡千丁町に農事組合法人九州青果物出荷組合を結成。 トマト・ミニトマト・メロン等の出荷取り組み開始。青森県西津軽郡木造町内にメロン出荷組合「木造オキシ会」を結成。
平成8年8月 フレスコム事業部を独立、会社設立準備のため新事務所を設置。
平成8年9月 マルキョウアネット(株)を設立。
平成9年1月 青森県内にPCセンター指導先農家による組織団体「アラック21」を結成。 トマト・メロン・リンゴの各部会を結成し、取り組み開始。
平成11年11月 宮崎県・高知県にてカラーピーマンの取り組み開始。
平成12年6月 味来コーンの取り組み開始。
平成13年10月 ホームページを公開。取扱商品に関連したレシピや情報、産地の姿等を、写真を交えて紹介。
平成16年9月 群馬フレスコムを結成。トマトの出荷取り組み開始。
平成17年7月 熊本、岩手、宮城にて、夏場のカラーピーマンの取り組み開始。
平成18年9月 茨城フレスコムを結成。トマトの出荷取り組み開始。
平成18年10月 自然派化粧品 AQUAVI アクアヴィの企画・販売開始。
平成20年6月 食用塩公正取引協議会入会。

青果品の主たる販売先

●株式会社 いなげや
●富士シティオ株式会社
●株式会社 ケーアイ・フレッシュアクセス
●株式会社 東急ストア
●株式会社 与野フードセンター

●有限会社 ファームネット
●株式会社 ヨークマート
●株式会社 福田屋百貨店
●株式会社 大治
●株式会社 ヨークベニマル

●株式会社 共栄青果

●アイワイフーズ株式会社
●株式会社 大祐
●株式会社 とりせん
●株式会社 シジシージャパン
●東京青果 株式会社

●株式会社 埼玉松源

その他

主たる生産組織及び仕入先

●アラック21トマト生産者グループ(青森)
●群馬フレスコム(群馬)
●山都町ひまわり農晴会(熊本)

●株式会社田園環境(熊本)

●東北フレスコム(岩手)
●高知みのり会(高知)
●桑畑農業研究会(宮崎)
●那須バイオファーム(栃木) 


●馬路村農協協同組合(高知)
●茨城フレスコム(茨城)
●(農)九州青果物出荷組合(熊本)

●マルミツ園芸株式会社(熊本)

                     その他

取扱商品一覧

 ●トマト(生産者限定トマト・こだわり君・不揃いトマト)                                ●四葉きゅうり・ブルームきゅうり        ●レタス・葉物野菜                            ●柚子ぽん酢

●ミニトマト
●ピーマン・カラーピーマン
●味来コーン                ●ローズソルト(塩調味料)


●調理用トマト(ポモロッソ)
●馬鈴薯・里芋・人参・玉葱・長なす
●いんげん

●アクアヴィ(化粧品)

                     その他


アクセスマップ

〒102-0084 
東京都千代田区二番町
11番地10 麹町山王ビル101
TEL:03-3264-1239 FAX:03-3239-2504

Googleマップへ

ページトップへ